お知らせ

資源選別センターにご案内しました

2019年02月27日

今日は海や川の環境保全活動をされていらっしゃる皆さんを、「缶・びん・ペットボトルから製品の素材をつくる工場」の視察のアテンドをさせていただきました。

「缶・びん・ペットボトルから製品の素材をつくる工場」の正式名称は「横浜市鶴見資源化センター」と言い、横浜市の家庭から排出される「缶・びん・ペットボトル」の選別施設です。

「あれっ、この施設は時々「かんきょうデザインプロジェクト」の活動に出てくるところだよね?」と気づいた方もいらっしゃると思います。そう、家庭から排出される容器を受け入れて選別していることに間違いはないのですが、「この工場の価値はどこにあるのか」という観点で考えてみると、家庭から排出する「缶・びん・ペットボトル」を用いて、製品素材としてふさわしくない不適合物を取り除き、原料として買っていただける商品を作りだすことが、この施設の真の価値だし、最大の腕の見せ所です。

これまで通り、新しい製品をつくる (リサイクル / 再資源化) ために、引き続き、分別はお願いしながら、これからは、家庭から排出する「缶・びん・ペットボトル」から新しい製品を作るための素材を生産している工場というPRをより前面に押し出していきたいなぁと思います。


<<前のページに戻る